【JT】6月に予約した加熱式たばこ「プルームテック」の販売可能連絡がやっと来た!半年経ってやっと買える!

いまだヤフオクやメルカリなどでも定価の何倍もの値段で取引されている、JTから発売されている加熱式たばこの「プルームテック」

それが今年の6月頃、品薄状態にも関わらず予約販売を始めると言い出しました。

参考⇒JTが発売している電子たばこ【Ploom TECH】の購入予約が開始!この機会にぜひ予約しよう!

それから約半年。

やっとプルームテックを販売しますメールが来ましたのでご報告したいと思います。

スポンサーリンク

プルームテックが販売可能と連絡が来るまで

予約をした6月から販売可能と連絡が来るまでの流れをまとめてみました。

3ヶ月間全く音沙汰なし

自分が申込みをしてることを忘れてしまうぐらいに音信不通になっていたJT。

そんな9月のある日、一通の郵便が届きました。

s-img_8828s

この郵便が結果的には、販売が遅れていることへのお詫びの連絡だったわけですが…。

参考⇒【JT】Ploom Techスターターキットの販売が遅れたことのお詫びで、ドトールバリューカードが送られてきた!

とりあえず、まだまだ販売されるまで時間がかかることのようでした。

購入可能時期の遅延という連絡を受ける

6月に申し込みをした時にはもっと早く購入可能となるはずだったのに、気付けば11月です。

そんな折、さらに「購入可能時期が遅れる」なんてメールが届きました。

▼こちらhenkou-renraku

赤線で引いたところを要約すると、11月上旬に購入可能としていたものが、メーカー製造の遅延によってさらに遅くなるという連絡でした。

もはや、半年近く経っているので何もきになりませんでしたが。。。

ついに購入可能期間の連絡が来た!

前回のメールで書かれていたのは、11月11日に具体的な購入可能日時の連絡が来るとのこと。

で、実際この記事を書いている前日、11月11日(金)にちゃんと連絡が来ました!

▼そのメールがこちらkettei-renraku

2016年11月21日 00:00~2017年1月19日 23:59

と、購入可能期間についてしっかり書かれていました。

どれだけ待たされたか…という思いはありますが、救いだったのは購入期間が約2ヶ月間設定されていたこと。

もしこれが数日だけだったら、どれだけ殿様商売をするんだ!という気持ちになりますが、ちゃんと購入期間が長く設定されているのでホッとしました。

僕は恐らく購入可能日の当日に購入すると思いますが、たまにボーッとしてて忘れてしまうこともありますからね。

スポンサーリンク

余談:プルームテックの不可解な謎について

ここからは僕の勝手な曖昧な想像と、プラス事情通から噂で聞いた話をするだけなので、完全なる余談です。

今回の僕のケースのように、予約をしたのが6月にも関わらず購入できるまでに半年がかかるというのは、何とも不思議な話だと思っています。

というのは、裏ではJTではすでにプルームテックを求めている人に対して、販売出来るほどの在庫を持っているんじゃないか?という説です。

こんな話があります。

数年前、東北大震災がありました。

その頃、JTのたばこのほとんどが東北地方で作られていたために、この震災の津波のせいで工場は潰れたばこが供給できなくなりました。

日本中のたばこ屋さん、コンビニからJTのたばこが消えたんです。

でも、マールボロやKOOLといった日本でも人気のたばこは外国産のため、JTのたばこは売ってないけどマールボロやKOOLなどのたばこは陳列されているという状況がしばらく続きました。

たばこのブランドチェンジはなかなかしづらいものがあります。

ましてや、馴染み深くいつも吸ってるたばこがあるならなおさらです。

ただ、この頃はブランドチェンジをしたくないと思っていてもJTのたばこは売っていないので、喫煙者からすると仕方なくフィリップモリス社やブリティッシュアメリカンタバコ社のたばこを吸うしかなかったんです。

そしてたばこは1週間続けて吸えばその味に慣れてくると言われたりします。

最初はたばこの銘柄を変えるつもりじゃなかったのに、仕方なく買ってみたたばこが美味しかったor慣れたから、この機会にブランドチェンジしようという人がメチャクチャ増えました。

さらには国内でのたばこのシェア率も5%ぐらい低下したはずです。

ブランドチェンジは起こらないだろうとタカをくくっていたJTは、シェア率低下に焦り、わずか3ヶ月ほどで震災前の供給状態に戻したという過去があります。

それだけJTの生産ラインはすごいということが言いたいだけです。

この前置きを前提にして、今回のプルームテックの販売時期が遅くなるという件です。

JTのライバル社でもあるフィリップモリス社が販売している「iQos」は、

本当は販売出来るけれど、転売したい人たちが大量に購入してしまい、すぐにヤフオクやメルカリなんかで売るから、実際に購入したい人の手元に正規の値段で届きにくい

という裏事情があって販売しないそうです。

そんな事情があるなら、JTも同じだろうというのが僕の見解です。

そして震災の時のような状況でもわずか数ヶ月で震災前の供給率をカバーしたJTなら、なおさら電子たばこが普及しているこの時期に、ドンと販売数獲得に乗り出したいのが本音でしょう。

でも、ヤフオクやメルカリで高値で取引される現状があるため、その沈静化を待っていつでも販売可能にするんじゃないかと僕はにらんでます。

メールでは「メーカー製造の遅延」なんて書かれてましたが、恐らく建前なだけじゃないかなぁと思います。

と言っても、僕は無事購入できることになったのであまり関係ありませんが笑

あくまで僕が勝手に考えた想像の話なので、事実と全く違う恐れもありますので、笑って読むにとどめてください。

プルームテック販売可能連絡 / まとめ

やっと念願のプルームテックを手にする時期が来ました。

次こそ、実際に買った時のレビューをしたいと思います!

乞うご期待!!

参考⇒Ploom Tech ONLINE SHOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です